資産の売買に関するQ&A

資産の売却をお考えの皆さまが持つ主な質問に、IIFがお答えします。

取引価格としてはどの程度の資産をターゲットとしていますか?
現在、土地建物で概ね20億円以上の物件を重点的に検討しています。
なお、保有資産のうち最大の取引価格はIIF羽田空港メインテナンスセンターの約411億円です。
セール&リースバック後も長期継続利用は可能ですか?
IIFは長期保有を基本方針としているため売主さま(テナントさま)はご売却後もその拠点において、安定した事業継続が可能です。
長期のセール&リースバックについては、IIF広島ロジスティクスセンターの賃貸借契約期間15年、IIF名古屋港タンクターミナル(底地)の定期借地権設定契約期間約50年等が実例としてあります。
事業遂行上の観点から、建物は引き続き保有したいのですが、土地(底地)のみのセール&リースバック取引も検討は可能ですか?
土地(底地)のみの取引も検討可能です。
なお、IIF戸塚テクノロジーセンター(底地)IIF名古屋港タンクターミナル(底地)等が実例としてあります。
開発ニーズに対応した案件はありますか?
IIF川崎サイエンスセンターIIF広島ロジスティクスセンター等が実例としてあります。
セール&リースバック後は修繕・更新はIIFで行うのですか?
小修繕を除きIIFで行うケースが一般的ですが、一部の設備について売主さま(テナントさま)がハンドリングをご希望される場合もあり、ケースバイケースで取決めさせて頂いております。IIFで修繕・更新を行う場合は、売主さま(テナントさま)のご要望も取り入れながら、中長期的な修繕計画を策定し、実施していきます。
地方公共団体へのPRE提案案件はありますか?
IIF神戸ロジスティクスセンターIIF広島ロジスティクスセンター等が実例としてあります。
海外の不動産には投資しますか?
将来的には投資を検討する可能性はありますが、現時点では国内の不動産取得を優先しています。