サステナビリティへの取り組み

産業ファンド投資法人(IIF)は、日本の産業活動を不動産面から支えていくという理念とともに、高い公共性を有し、広く経済・社会に貢献していくという社会的責任も負っています。また、保有物件に対し、環境・省エネルギー対策やエネルギー利用の効率化に取り組み、環境への配慮と環境負荷低減に向けての対応を進めています。

IIFのサステナビリティ

IIFは、資産運用を委託する三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社とともにサステナビリティの考え方を共有し、共に取り組みを推進しています。投資・運用プロセスに関しては、資産運用会社の定めた「責任投資に係る基本方針」に準じて活動を行っています。
サステナビリティの方針や枠組みについては、資産運用会社のウェブサイトにてご確認ください。

資産運用会社のサステナビリティへの取り組み

ESG Report

MC-UBSグループとしてのESGの基本的な考え方や活動を投資主の皆さまをはじめ、すべてのステークホルダーの皆さまと共有するために、グループ全体のESG活動を簡潔に網羅したESGレポートを発行しました。本レポートにより、IIF及びMC-UBSグループのESG活動へのご理解をより一層深めていただければ幸いです。IIF及び資産運用会社であるMCUBSは、すべてのステークホルダーの皆さまのために、引き続き、ESG活動を積極的に行っていきます。

ESG Report

IIFのサステナビリティへの取り組み

IIFでは、サステナビリティについて、以下のアプローチで取り組んでいます。
それぞれの取り組みについては、各項目をご覧ください。

IIFのサステナビリティへの取り組み