IIFでは、ステークホルダーとの対話を通じ、皆さまの視点を資産運用に活用することで、持続可能な社会の形成に一層貢献していきたいと考えています。

ステークホルダーとのコミュニケーション

ステークホルダーとのコミュニケーション

コミュニケーション事例

テナント勉強会の開催

テナント勉強会におけるテーマ例

IIFはテナントさまと定期的な勉強会を開催しています。
勉強会では、IIFの長期的なステークホルダーであるテナントさまとともに、気候変動への対応や災害時の取り組みについて理解を深めるため、サステナビリティに関するテーマを積極的に取り上げています。
テナントさまのご理解・ご協力のもと、多くの方にご参加いただいており、サステナビリティに関する「テナントさまと協働した取り組み」を実現する基礎となっています。

積極的なIR活動

産業ファンド投資法人は、個人・機関投資家の方々へ本投資法人の運用方針を正確・迅速に説明することに努め、投資主価値の最大化を目指しています。

【個人投資家】

個人投資家説明会の実施、個人投資家向けイベントへの参加、証券会社支店での説明会開催、物件見学会開催(J‐REIT初)等、直接コミュニケーションが取れるIR活動に積極的に取り組んでいます。
投資主総会については、こちらをご覧ください。
投資家向けイベントの詳細については、こちらをご覧ください。

【機関投資家】

証券会社が主催する国内外での投資家コンファレンスに積極的に参加しています。
フォローアップのための個別取材やミーティングに随時対応するほか、国内外の投資家訪問も実施しています。

2017年度のIR活動

決算説明会2回(東京)毎期
投資家コンファレンス1回(東京)
個人投資家説明会3回(大阪、札幌、奈良)
個別ミーティングのべ約300社
物件見学会6回(関東圏5回、関西圏1回)
個人投資家イベント1回(東京)

積極的な情報開示

IIFは、ウェブサイトをはじめ、様ざまなコミュニケーションツール(決算説明会資料、資産運用報告、プレスリリースなど)を利用し、積極的な情報開示を行っています。
これらの取り組みは、外部の第三者からも評価され、各種の賞を受賞しています。
IIFは今後も様ざまなコミュニケーションツールを利用し、ステークホルダーに対してIIFのサステナビリティに関する姿勢をお伝えできるよう、積極的な情報開示を継続していきます。

IIFの様ざまなコミュニケーションツール

IIFの様ざまなコミュニケーションツール

・ウェブサイト
閲覧いただく皆さまの立場に立ち、見やすく分かりやすい情報提供を行っています。
・各種プレスリリース
上場不動産投資信託証券として求められる情報を適時に開示するとともに、投資主の皆さまに有用となる情報を任意で開示しています。
・決算説明会資料
決算発表後にアナリスト・機関投資家様向けの説明会を開催しその際に使用した資料を速やかに開示しています。
・資産運用報告
投資主さまへ決算期毎にお届けする報告書です。運用資産の概況や、トピックスなどをわかりやすく掲載しています。

各開示資料については、IRライブラリをご覧ください。
また、IIFでは、投資家さま向けイベントにも積極的に参加しています。
投資家さま向けイベント資料は、投資家向けイベント・メディア掲載をご覧ください。
IR方針・情報開示に対する体制等は、ディスクロージャーポリシーをご覧ください。

外部からの評価

 

APREA BEST PRACTICES AWARDS 2013受賞

コーポレートガバナンス及び情報開示の面において日本で最も優れていた企業として
「Best Country Submission from Japan」を受賞

「2013 APREA ベスト・プラクティス・アワード、Country Award: Best Country Submission from Japan」は、日本に所在する上場不動産企業や上場不動産投資信託の中でコーポレートガバナンス及び情報開示の面で最も優れた企業を認定するものです。

 

全上場企業ホームページ充実度ランキング

2017年度
最優秀サイト(総合ランキング)
優秀サイト(業種別ランキング)

日興アイ・アール株式会社による 「全上場企業(3,713社)ホームページ充実度ランキング調査」において4年連続受賞

  • 2016年  最優秀サイト(総合ランキング) 優秀サイト(業種別ランキング)
  • 2015年  最優秀サイト(総合ランキング) 優秀サイト(業種別ランキング)
  • 2014年  最優秀サイト(総合ランキング) 優秀サイト(業種別ランキング)

「全上場企業ホームページ充実度ランキング調査」とは、日興アイ・アール株式会社が、全上場企業のホームページに関する情報開示の充実度を調査するとともに、企業の情報開示に関する意識醸成の促進を目的としている調査です。

 

インターネットIR表彰

2016年度
インターネットIR 優良賞

大和インベスター・リレーションズ株式会社による 「インターネットIR表彰」において4年連続優良賞を受賞(上場3,698社対象)

  • 2015年  インターネットIR 優良賞
  • 2014年  インターネットIR 優良賞
  • 2013年  インターネットIR 優良賞

「インターネットIR表彰」とは、大和インベスター・リレーションズ株式会社が上場企業のIRサイトを独自の基準で評価・採点し、特に優秀なIRサイトを構築し、情報開示ならびにコミュニケーション活動で有効に活用している企業として選定するものです。