IIFでは、保有物件における環境・省エネルギー対策やエネルギー利用の効率化に取り組んでおり、環境への配慮と環境負荷低減に向けての対応を進めています。

気候変動

IIFではテナントさまと協働し、LED照明の導入や太陽光発電等、省エネルギー対策に積極的に取り組んでいます。

テナントさまと協働した取り組み

IIF西宮ロジスティクスセンター IIF西宮ロジスティクスセンター IIF三郷ロジスティクスセンター IIF三郷ロジスティクスセンター IIF鳥栖ロジスティクスセンター IIF鳥栖ロジスティクスセンター

LED照明
既存の照明をLED照明に置き換えることにより、省エネルギー化や、照明の長寿命化に取り組んでいます。
LED照明への置き換えに伴い、想定される削減電気容量を事前にテナントさまと確認し、 電気料金削減効果の一部を賃料としていただく契約を締結している事例もあります。

例: IIF厚木ロジスティクスセンターⅢ
IIF東大阪ロジスティクスセンター
IIF西宮ロジスティクスセンター
IIF東雲ロジスティクスセンター
IIF羽田空港メインテナンスセンター
IIF横浜都筑 ロジスティクスセンター
IIF加須ロジスティクスセンター
IIF越谷ロジスティクスセンター
IIF野田ロジスティクスセンター

太陽光発電
施設の屋上に太陽光パネルを設置し、 再生可能エネルギーを活用した省エネルギー化に積極的に取り組んでいます。

例: IIF神戸ロジスティクスセンターIIF三郷ロジスティクスセンター
IIF鳥栖ロジスティクスセンターIIF越谷ロジスティクスセンター
IIF広島ロジスティクスセンターIIF京田辺ロジスティクスセンター
IIF入間ロジスティクスセンターIIF印西ロジスティクスセンター
IIF羽村ロジスティクスセンターIIF福岡箱崎ロジスティクスセンターⅠ
IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターⅡ

ESCO事業
ESCO事業とは省エネルギー化推進事業の一種で、省エネルギー改修にかかる費用(建設費、金利、ESCO事業者の経費等)を光熱費の削減分等で賄うことを基本とする事業です。IIFではESCO事業を活用した省エネルギー化に取り組んでいます。

例: IIF 品川ITソリューションセンター

環境パフォーマンス

IIFの環境パフォーマンスは以下のとおりです。

環境パフォーマンス:施設における事業活動
  • ※CO2排出量は、環境省「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」、東京都「地球温暖化対策報告書作成ハンドブック」等に定められた方法に基づき換算しています。
  • ※2017年4月時点における集計です。

資源の循環的利用

IIFの保有物件では、テナントさまとの協働のもと、物件から排出される廃棄物を最小限化する取り組みを積極的に行っています。
また、水資源を有効活用するような取り組みも推進しています。

テナントさまと協働した取り組み

IIF三鷹カードセンター IIF三鷹カードセンターの自動給水装置

中水の利用による水資源の有効活用

IIF三鷹カードセンターでは、自動給水装置によって地下100mから汲み上げられた中水(井戸水)を敷地内の散水に利用することで水資源の有効活用を図っています。また、この中水は非常用災害時の生活用水等としても利用されています。

生物多様性

IIFでは保有物件の敷地内に緑地帯を設けるなどの取り組みを通じて、ヒートアイランドの軽減に貢献するとともに、環境負荷低減に取り組んでいます。

施設の緑化

IIF保有物件の各所に緑地帯を設けており、 ヒートアイランドの軽減やCO2量の削減等に貢献しています。

総緑地面積7.8ha IIF野田ロジスティクスセンターIIF野田ロジスティクスセンター

汚染防止

IIFでは、環境負荷低減や環境保全活動を通じて環境価値の創出・向上に努めています。

環境負荷低減に向けた取り組み

カーボンリスク対策として、エネルギー使用量・水使用量・廃棄物量・CO2排出量の集計・モニタリングを継続的に行っています。
詳しくは「環境パフォーマンス」をご参照ください。

物件取得時のアセスメント

土壌汚染調査・対策フロー

IIFでは、物件取得時において、現地の視察や地歴の調査、環境リスク要因等を考慮し意思決定を行っています。
特に、土壌汚染等の環境関連リスクに関し、原則として、土壌汚染対策法及びその他の環境関連法令に従って適切に処理されているものを投資対象とします。その判断をするために、売買契約締結までに専門家による環境汚染調査を実施し、資産運用会社が別途定める土壌汚染等に関するリスク管理マニュアルに基づき、調査・対策を右記の「土壌汚染調査・対策フロー」に従って行います。

(注1)
地歴調査だけでは、土壌汚染の懸念はないと判断できない場合
(過去に有害物質を使用した工場が存在していた場合等)
(注2)
ヒアリング調査を行っても、土壌汚染の懸念はないと判断できない場合
(注3)
個別案件の条件を勘案し汚染の除去等を選択しない場合
(汚染土壌の上に堅固な建物が存在している場合等)
(注4)
売主との協議後、技術的・経済的な観点より、汚染の除去等を行うことを決定した場合

環境認証・評価

IIFでは、サステナビリティ活動を通じて保有資産における環境認証・評価を取得しています。

GRESB

GRESB最高位の「Green Star」を6年連続で取得

IIFは、2018年に実施されたGRESB(Global Real Estate Sustainability Benchmark) リアルエステイト評価において、4つにランク分けされる評価の中で最高位の「Green Star」を6年連続で取得しました。

2018年

GRESB

GRESBリアルエステイト評価において、4つにランク分けされる中で最高位の「Green Star」を6年連続で取得しました。また、相対評価に基づく「GRESBレーティング」(5段階評価)においては4つ星の評価を得ました。なお、GRESBの2018年の評価には世界で903、うちアジア地域からは137の不動産会社とファンドが参加しております。

評価されたポイント

  • ・サステナビリティに関する方針制定や運用体制の構築
  • ・全保有物件のエネルギー消費量及びCO2排出量の計測と管理
  • ・環境負荷軽減策の実施(LED化工事やESCO事業への取組み)
  • ・ホームページをはじめとするサステナビリティに関する情報開示の取組み
  • ・エネルギー消費量及びCO2削減実績
  • ・取引関係先企業とのサステナビリティに関する共同取組み

※プレスリリース:「GRESBリアルエステイト評価結果に関するお知らせ:最高位の「Green Star」を6年連続で取得」(2018年9月20日)

2017年

GRESB

GRESBリアルエステイト評価において、4つにランク分けされる中で最高位の「Green Star」を5年連続で取得しました。また、相対評価に基づく「GRESB レーティング」(5 段階評価)においても5つ星の評価を得ました。なお、GRESBの2017年の評価には世界で850、うちアジア地域からは124の不動産会社とファンドが参加しております。

評価されたポイント

  • ・サステナビリティに関する方針制定や運用体制の構築
  • ・全保有物件のエネルギー消費量及びCO2排出量の計測と管理
  • ・環境負荷軽減策の実施(LED化工事やESCO事業への取組み)
  • ・ホームページをはじめとするサステナビリティに関する情報開示の取組み
  • ・エネルギー消費量及びCO2削減実績

※プレスリリース:「GRESBリアルエステイト評価結果に関するお知らせ: 最高位の「Green Star」を5年連続で取得」(2017年9月8日)

2016年

GRESB

GRESB リアルエステイト評価において4つにランク分けされる中で最高位の「Green Star」を4年連続で取得いたしました。また、2016年度より導入された相対評価に基づく「GRESB レーティング」(5段階評価)においても5つ星の評価を得ました。なお、GRESBの2016年の評価には世界で759、うちアジア地域からは114の不動産会社とファンドが参加しております。IIFは、GRESBリアルエステイト評価において世界全体で120位、日本の「Diversified」部門において1位という結果でした。

評価されたポイント

  • ・全保有物件のエネルギー消費量及びCO2 排出量の計測と管理
  • ・サステナビリティに関する方針制定
  • ・BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の取得
  • ・ホームページのリニューアルをはじめとするサステナビリティに関する情報開示への取組み

※プレスリリース:「GRESBリアルエステイト評価結果に関するお知らせ:最高位の「Green Star」を4年連続で取得」(2016年9月9日)

2015年

GRESB

GRESBが実施した2015年のベンチマーク調査では、世界707の不動産会社やファンドの中で(うちアジア地域からは104の不動産会社とファンドが参加)、IIFは世界全体で106位、アジア地域において8位という結果でした。

評価されたポイント

  • ・全保有物件のエネルギー消費量及びCO2 排出量の計測と管理
  • ・サステナビリティに関する方針制定
  • ・BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の取得
  • ・DBJ Green Building 認証の取得
  • ・ホームページのリニューアルをはじめとするサステナビリティに関する情報開示への取組み

※GRESBによる発表資料:「2015 GRESB REPORT」(英語のみ)
※プレスリリース:「GRESB調査結果に関するお知らせ:最高位の「Green Star」を3年連続で取得」」(2015年9月4日)

2014年

GRESB

評価されたポイント

  • ・全保有物件に対する防災対策(BCP支援のためのポータブル蓄電池の設置)
  • ・全保有物件のエネルギー消費量計測と管理
  • ・サステナビリティに関する方針制定
  • ・環境性能評価格付「CASBEE®」の取得
  • ・環境負荷軽減策への積極的な取り組み(太陽光発電設備設置、LED化推進)
  • ・環境認証「DBJ Green Building認証」の取得
  • ・ホームページのリニューアルをはじめとする情報開示への取り組み

※GRESBによる発表資料:「2014 GRESB REPORT」(英語のみ)
※プレスリリース:「GRESB調査結果に関するお知らせ:最高位の「Green Star」を2年連続で取得」(2014年9月8日)

2013年

GRESB

J-REIT初

  • アジア産業用不動産部門「Sector Leader」
  • 世界産業用不動産部門 第2位

評価されたポイント

  • ・運用方法の改善及び設備導入による省エネ化への取組み
  • ・テナントや地域住民等を含めたステークホルダーとの関係構築
  • ・全保有物件におけるエネルギー消費量の計測と管理

※GRESBによる発表資料:「2013 GRESB REPORT」(英語のみ)
※プレスリリース:「J-REIT初:GRESBよりアジアで最も優れた環境事業者『Sector Leader』の認定」(2013年9月6日)

グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)とは、2009年に国連責任投資原則を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に創設された、不動産ポートフォリオやインフラ施設を含む実物資産の環境・社会・ガバナンス(ESG)のパフォーマンスに関する評価を行う組織です。約60の年金基金やその受託者を含む250以上のメンバーがGRESB のデータを投資運用のプロセスにおいて活用しています。
2016年のGRESB評価には759の不動産会社とファンドが参加し、その保有資産は63か国の66,000物件、資産額にして総計2兆8000億米ドル(約280兆円、1米ドル=100円で換算)に上ります。

CASBEE®

CASBEE® (Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency / 建築環境総合性能評価システム) とは、建築物の環境性能を評価し格付けする手法で、省エネや省資源、リサイクル性能など環境負荷低減の側面に加え、景観への配慮なども含めた建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。

※『CASBEE®』は、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構の登録商標です。IIFは使用許諾に基づき使用しています。

IIF福岡箱崎ロジスティクスセンターⅡ

IIF柏ロジスティクスセンター

IIF入間ロジスティクスセンター

IIF東大阪ロジスティクスセンター

IIF京田辺ロジスティクスセンター

IIF川崎サイエンスセンター

IIF広島ロジスティクスセンター

IIF西宮ロジスティクスセンター

DBJ Green Building認証

DBJ Green Buildingとは、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が独自に開発した総合スコアリングモデルを利用し、環境・社会への配慮がなされた不動産("Green Building")を対象に、5段階の評価ランク(1つ星★~5つ星★★★★★)に基づく認証をDBJが行うものです。
IIFでは2012年にJ-REITが保有する物流物件として初めて「IIF越谷ロジスティクスセンター」と「IIF野田ロジスティクスセンター」にて本認証を受けました。その後、同物件の再認証を含め、全5物件が認証を受けています。(2015年10月現在)

     

IIF広島ロジスティクスセンター

IIF神戸ロジスティクスセンター

IIF鳥栖ロジスティクスセンター 

IIF越谷ロジスティクスセンター

IIF野田ロジスティクスセンター

  • ※  2014年度より、DBJの本認証制度のロゴマーク及び呼称が「Platinum、Gold、Silver、Bronze、Certified」から「★(星、star)」の数に変更となりました。これに伴い、2012年に認証を受けた「IIF越谷ロジスティクスセンター」および「IIF野田ロジスティクスセンター」の評価は"Gold"から"4つ星★★★★" に変更になりました。

BELS評価

BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)とは「非住宅建築物の省エネルギー性能を評価する」公的制度です。新築建物、既存建物に関わらず様々な尺度を基に第三者機関が省エネルギー性能を評価する制度であり、その評価は、5 段階の省エネルギー性能ラベリング (★〜★★★★★)で表示されます。
BELSには、日本初の公的な省エネ性能特化評価指標として、建築物の省エネルギー性能の適切な情報提供及び非住宅建築物に係る省エネルギー性能の一層の向上を促進する役割が期待されています。

IIF柏ロジスティクスセンター

IIF横浜都筑ロジスティクスセンター

IIF西宮ロジスティクスセンター

IIF広島ロジスティクスセンター

IIF厚木ロジスティクスセンターⅢ

IIF品川ITソリューションセンター

IIF川崎サイエンスセンター

IIF 羽田空港メインテナンスセンター