分配金について

分配金について

分配金について(実績)

2016年12月期(第19期)

1口当たり分配金
(利益超過分配金を含まない)
1口当たり利益超過分配金
(一時差異等調整引当額)
1口当たり分配金
9,765円 3円 9,768円
  • 分配金の支払開始日は、2017年3月17日です。
  • 運用期間は2016年7月1日から2016年12月31日まで(6ヶ月間)です。
  • 分配金を受け取るためには2016年12月末日の投資主名簿に記載されていることが要件となります。なお、東京証券取引所での権利付き最終取引日は2016年12月27日です。

予想分配金について

2017年7月期(第20期)

1口当たり分配金
(利益超過分配金を含まない)
1口当たり利益超過分配金
(一時差異等調整引当額)
1口当たり分配金
11,531円 7円 11,538円
  • 実際の分配金は変動する可能性があり、上記の額を保証するものではありません。
  • 運用期間は2017年1月1日から2017年7月31日まで(7ヶ月間)です。
  • 分配金を受け取るためには2017年7月末日の投資主名簿に記載されていることが要件となります。なお、東京証券取引所での権利付き最終取引日は2017年7月26日を予定しております。
  • 確定分配金については、2017年9月中旬に発表予定です。
  • 分配金の支払い開始日は、2017年10月中旬を予定しております。

決算期変更のお知らせ
2017年7月期(第20期)より、決算期を毎年6月と12月の末日から7月と1月の末日に変更いたしました。決算期変更の経過期間となる2017年7月期(第20期)については、2017年1月1日から2017年7月末日までの7ヶ月間が運用期間となります。詳しくはこちらをご参照ください。

 

1口当たり分配金(利益超過分配金を含む)の推移

本投資法人は2015年1月1日付で投資口1口につき2口の投資口分割を実施しており、分配金については当該投資口分割が2007年12月期の期首に行われたと仮定して、分配金を2で除して小数点以下を切り捨てた金額を記載しております。
また、2017年1月1日付の決算期の変更により、経過期間となる2017年7月期の運用期間は、2017年1月1日から2017年7月31日までの7ヶ月間となっております。

全期のグラフを表示 実績 予想

実績 予想

  2007年
12月期
2008年
6月期
2008年
12月期
2009年
6月期
2009年
12月期
2010年
6月期
2010年
12月期
2011年
6月期
2011年
12月期
1口当たり
分配金(円)
1,161 6,036 6,066 5,539 5,171 8,117 5,051 5,459 6,188

  2012年
6月期
2012年
12月期
2013年
6月期
2013年
12月期
2014年
6月期
2014年
12月期
2015年
6月期
2015年
12月期
2016年
6月期
1口当たり
分配金(円)
6,588 7,193 7,821 8,021 8,308 8,455 8,796 9,324 9,590

  2016年
12月期
2017年
7月期
1口当たり
分配金(円)
9,768 (11,538)
  • ※ カッコ内は予想値、ハイライト部分は実績値を2で除した金額を示しています。

分配方針について

本投資法人は、決算期(毎年1月末日と7月末日)現在の最終の投資主名簿に記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者に対して、その所有口数、又は登録投資口質権の対象となる投資口の口数(登録投資口質権者の場合)に相当する金銭の分配の支払を行います。金銭の分配の支払は、原則として決算期から3ヶ月以内に、必要な税金を控除した後に行われます。
分配金については、本投資法人は、原則として租税特別措置法第67条の15第1項に規定される本投資法人の配当可能利益の額の90%に相当する金額(法令改正等により当該金額に変更があった場合には変更後の金額とします。)を超えて分配するものとします。

分配方針について詳しくは、直近の有価証券報告書「2【投資方針】(3)【分配方針】」をご確認ください。

分配金の除斥期間

投資主さまに対する金銭の分配の支払が行われずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、本投資法人はその支払の義務を免れます。なお、金銭の分配の未払金には利息を付さないものとします。

関連ページ